iPhone版AppStoreからダウンロード
もし、まだ言えるなら、それだけで幸せ。

母の部屋と、兄が寄越した小さな鍵。
「わたし」は、その部屋でなにか大切なものを探してる?

覚悟は、いつまで経ってもできないけど、
唐突に訪れたその日、
わたしは、「ありがとう」を言えたのかな?

これは、小さな鍵から始まる。
母と過ごした最期の脱出ゲーム。

ありふれた毎日を、支えてくれた。
いつも気づかないほど自然に、寄り添ってくれた。
いままでのこと。

この部屋で、私はなにを探しているの?